こぼれ話

家紋の由来

家紋の由来の画像

丸に十文字は薩摩島津家の紋として有名です。 当店は天保年間創業。(1830-1843) 薩摩藩が京都に進出してきた頃にはすでに開業していました。 実はこんな話が残っています。 幕末、いつの頃のことか、高瀬舟を利用した薩摩の殿様が、 村上重のそばで一休みをされました。 そのとき、 お茶うけにお漬物をお出したところ、その味をたいそう気に入られて、 丸に十の紋の使用を許されたとのことです。 漬物の味に感心して家紋を許したという商標にまつわる民話的な伝承です。

参考文献 「京の老舗」 駒 敏郎 著 駸々堂 京都文庫 出版

COPYRIGHT (C) MURAKAMIJU-HONTEN ALL RIGHTS RESERVED